医療事務 専門学校

資格別で難易度が違う!医療事務資格事情

医療事務の資格は段階制

これまで医療事務と縁のなかった人が、「医療事務の資格」と言われると、イメージされやすいのは、一番受験者数の多い「医療事務技能審査試験」のことを思い浮かべられるのではないでしょうか?医療事務の資格試験の中では一番ポピュラーで、特に2級は試験が毎月行われていることもあって、受験者数も多く、一番とっつきやすい資格だと思います。メディカルクラークという称号も、最近では、かなり広く知られるようになりつつある様子です。

しかし、医療事務の資格制度が段階制であり、上位資格になると難易度が高いことはあまり知られていないようです。医療事務には「医療事務の三大資格」と言われる資格制度があって、上位の資格ほど難易度も高くなっています。ここでは、そうした三大資格について見ていきましょう。

医療事務技能審査試験の合格率

医療事務技能審査試験は、2級が年間12回、1級は年間3回試験が行われています。2級に関しては、学校単位での受験も良く行われているため、受験者数が多いことで知られます。2級は、1級合格後、1年半以上の実務経験がないと受験資格を得られませんから、働き始めてから挑戦する資格ということになるでしょう。年間の受験者数は5万人を超えるといわれ、人気の高さがうかがえます。

医療事務技能審査試験の合格率は65%と言われ、「やや難」というところのようです。それでも、過半数以上が合格するのですから、受験者数を考えると、単純計算で3万人程度が毎年資格を手にしているということになり、非常に人気が高いといえます。

年間4万人が受験する、医療事務管理士

メディカルクラーク1級に合格した人が、次に目指すのが医療事務管理士の資格でしょう。こちらは、年間4万人が受験していると言われ、試験回数は、1か月おきに年6回、行われています。合格率は、54~61%と、実施年度によってややばらつきがみられるものの、「半数よりは、やや、多め」といったところでしょう。半数としてみても、年間、新たに合格する人は、2万人程度、ということになります。

医療事務管理士から、受験の科目も、医科と歯科の区分がなされます。医学全般に関する知識や、実務的な問題も出され、やや難しい試験と言われています。

難易度は最高ランク、診療報酬請求事務能力認定試験

医療事務の三大資格の中でも、もっとも難易度が高いのが、診療報酬請求事務能力認定試験です。こちらは、年間の合格率が、医科の受験者で30%程度、歯科の受験者になると20%にとどまっていて、年間の試験実施も2回のみ(7月と12月に実施されています)と、最難関といえそうです。

難しいと言われる理由の一つは、試験の出題範囲の広さも無関係ではありません。試験は、実技と学科に分かれていて、学科試験の項目は6項目もあります。まさに、医療事務のエキスパートの資格と言えるでしょう。

「検査料算定」ってどういうもの?資格取得試験についてチェック!

医療事務の「検査料算定」について教えて!

医療事務の資格を取ろうと勉強をしている人は、レセプト作成の実務試験についても勉強をすることになりますね。その中で、試験に出やすいことで有名であり、ついでに、苦手にしている人が多い事でも知られているのが「検査料算定」です。

これは、読んで字のごとく「検査にかかる費用を算出するもの」で、レセプトの実務の中に、ほぼ、必ずと言っていいほど登場する問題であり、検査はレセプトの基本、という人もあります。細かな点数計算の部分でミスが出やすいため、「要注意問題」として扱っている参考書も良く見かけます。

医療現場で、治療のために行われる検査は、膨大な種類があり、それぞれ点数が違っています。ですから、検査の内容ごとに、異なる点数を確認して、それぞれ所定の方法に従って、レセプトを作成していくことになります。検査の時に採取された検体などの扱いについても、モノによって点数が違っていたり、検査を受けた時期、初回か、再検査か?など、状況で、計算の方法が変わってくる場合もあり、非常に注意力を要するところです。カルテから、実際に行った検査内容を正確に読み取る能力も必要とされます。と、いうのは、同じ病名を判断するために、似通ったちがう検査が行われたり、初回の検査だけで分かる場合、初回だけでは判明せず精密検査を行った場合、では、カルテの内容も、点数も変わってくるからです。

検査の為にしようした薬剤、器具など、一つ一つの項目ごとに細かい点数を計上していき、最終的にレセプトとして完成させます。記入するときにも、間違いをしにくいように、書きやすい順番に至るまで解説している参考書もありました。

また、試験では、「検査」というものの定義を尋ねる問題などの出題もあるようです。

似ているようで、ちょっと違う「医療事務」と「医療秘書」の違いって?

医療事務と医療秘書は違う仕事?

医療現場での事務作業を考えるとき、医療事務としばしば混同されたり、比較されるのが「医療秘書」です。

「医療事務をする人のことを「医療秘書」って呼ぶんじゃないの?」と、思われている方もいらっしゃるようです。しかし、医療事務と医療秘書はお仕事としてみた場合、違う仕事になります。ただし、どちらも医療現場で事務職として働くことには違いはなく、実際の業務内容には、かなり、似通っていたり、重なっているところもあるために、混同される誤解が起こるもののようです。医療事務と医療秘書は、それぞれ異なる資格制度を持つ別々の業務です。

勤務先でみると、「医療秘書」は個人の診療所など、小さな病院には、通常いません。実質的に事務長さんなどが、その仕事を兼務されていることが圧倒多数のようです。

反対に、大学病院や、大きな総合病院などよっては、診療科ごとに配属があったりしています。これで分かるように、医療秘書は、大きな病院での医療が円滑に進むように、サポートを行う仕事、といえそうですね。

反対に、医療事務に関しては、病院である以上は、いないというところはありません。診療報酬の計算が必要になる以上は、どんな病院でも医療事務を担当する方がいらっしゃいます。ただ、医療事務の仕事の場合は、診療報酬の計算、診療費の請求など、お金の請求と受け渡しに特化したお仕事ですから、治療者である医師や看護師との直接的なやりとりの場面は少ないことと思われます。反対に、患者さんご本人とは、お金の受け渡しまで行いますから、まさに、病院の窓口であり、「顔」の一部を担っているのです。

これに対して、医療秘書には、お医者さんとのコミュニケーションが問われます。

医療秘書の仕事は、お医者さんの秘書」「

では、医療秘書とは、どんな仕事をする人なのか?といいますと、簡単にまとめると「お医者さんの秘書」です。

一般の秘書が必要とされる業務のほかに、ニーズによっては、医療関連の法律の知識や、外国語文献を読みこなし、翻訳がこなせる程度の語学力が求められることもあります。お仕事の内容としては、電話の応対、スケジュール管理、書籍、文献、書類の整理、来客の応対、手紙などの管理などが主で、医師がこまごまとした雑務に忙殺されて、肝心の医療が行えない状態にならないように、サポートするのが仕事の一つです。嚢六によっては、助手のような仕事を頼まれる場合もあるようです。

小さな病院の場合、これらの仕事に加えて、診療報酬の計算、請求業務も兼任することになります。

医療秘書の仕事は、もともと、あまり求人が多い分野ではありません。また、採用も相当に狭き門であり、高いスキルが求められます。一度採用された人も、滅多なことでは退職されませんから、非常に珍しい職場と言えそうです。

メディカルクラークの資格取得までにかかる費用は?

メディカルクラークになりたい!気になる資格取得費用は?

医療事務の三大資格のうち、新人受験者にとって登竜門となるのが、「医療事務技能審査試験」です。2級と1級があり、1級は、2級合格後1年6か月以上の実務経験が受験資格に付帯していますから、未経験者が最初に挑戦できるのは、2級のみです。医科と歯科に分かれており、合格すると、「メディカルクラーク」の称号が与えられます。

2級の試験は毎月行われていて、年間の受験者数はおよそ5万人、そのうち915が女性という、女性に人気の高い資格です。資格取得までの受験準備期間は、最短では1.5か月というふれこみの通信講座などもあり、様々な勉強方法が紹介されています。

この、受験勉強。方法によって、かなり、金額に差が出ることで有名です。具体的にはどのくらい違うのか?詳しく調べてみました。

昔からの定番は通信教育

最もポピュラーで、昔からよく利用されてきた方法は、通信教育による資格学習講座です。この方法は、受講料が安いことが一番のメリットになります。最安値で見ると、平均5万円程度で、最安値ですと、2万円代の所もあります。郵送による添削が受けられ、受講期間の延長サービスなどが付帯している場合もあります。

働きながら、休憩時間を利用するとか、子育て中の主婦の方が、お子さんのお昼寝の合間、家事の空き時間などを利用して勉強するなど、時間の融通が利くこともメリットと言えそうです。

ネット回線を利用したスクーリング

最近人気が高いのが、ネット回線で動画配信を利用した、オンライン学習講座です。これは、在宅でありながら都合のよい時間に動画での講義を受けられるというもの。通信教育講座のオプションとしての扱いが多いようです。

こちらの利点は、「読んだだけでは分からない」という方に、耳から聞いて、目から動画を見て、理解度が深まるというもの。ネットが発展した現代の利点を上手に利用した方法だと言えます。

こちらの費用は、通信教育よりは高くなり、6万円台から8万くらいの価格帯になることが多いようです。安いところでも5万円台になっています。

通学して学ぶ場合は、ハローワークの求職者口座が最安値!

最も手厚い方法で、合格率に大きく効果を上げてくれそうな方法が、スクールへ通って勉強する問方法だと思います。しかし、この方法は一番費用面での負担が大きくて、安いところでも8万円、ちょっと、オプションをもりこんだだけで 簡単に10万円単位の金額が飛んで行ってしまいます。民間で運営する資格スクールの利用は、費用面での負担の大きさが大変なように思えます。

ところで、こういう時にぜひチェックをしていただきたいのが、職業安定所、ハローワークが行っている「求職者職業訓練」です。ハローワークを利用して仕事を探している人を対象に様々な口座を提供していますが、一定の条件に当てはまれば、受講料は無料で、2万円未満程度の自己負担だけで受講することができる、と、金額面では非常に好条件で受講できます。誰でも利用できるというものではなく、事前審査があり、受講期間中も欠席は認められないなどの厳しい面はありますが、一般ンおスクールを利用して行われる講義の内容は、通常の有料で行われるものと何ら変わりがありません。

スクールは時間の確保ができないと通うことができないというのも問題点です。生活の状況と相談しつつ利用を検討するとよいでしょう。

医療事務の仕事、ぶっちゃけ時給はどのくらいですか?

働き方で変わる、医療事務の時給

医療事務の資格で働きたい!そう考えたとき、時給のことを気にしない人はいないでしょう。一般に、医療関連のお仕事は、安定的な職業で、更にサラリーの面でも優遇されているというイメージがあるためか、「医療事務で働くと、いいお給料がもらえるに違いない!」と、思っておられる方は多いのではないのでしょうか?

しかし!世の中そんなには甘くはありません!確かに医療事務のお仕事は、安定的に働ける可能性が高いですし、例えば、内職や、簡単な在宅ワーク、短期雇用の一部のパートと比べるとお給料が良いケースが多いです。しかし、雇用形態によっては、特別高い時給と言えない場合だってあるのです。

「でも、医療事務って、つまり病院での勤務って、ことでしょう?どうしてそんなに違いがあるの?」と、思われる方も多いのではないでしょうか?

ここには、医療事務の雇用形態が非常にまちまちで、色々な働き方があることに理由があります。

派遣や在宅ワークも多い、医療事務の雇用事情

医療事務の働き方は、正規雇用やパートのほか、派遣、在宅ワークの場合もあります。実は、派遣で働いている方が結構多い事でも有名なのです。

時給の場合、地方ごとに法律で定められている最低時給が違いますから、一概に横並びに金額を比べることにはあまり意味はないのですが、一般に、都会ほど単価が高く、地方都市では低い、という傾向があります。それを踏まえて比較すると、医療事務の時給は、都内でパートの場合、1000~1500円程度、派遣になると、1000円前後が相場と言われています。都下でも派遣では、1000円を下回る場合もあるようです。

東京近県の場合ですと、これが、パートで1000円前後、派遣だと、700円後半から、1000円未満、と言った価格帯に下がってしまいます。

つまり、最大の幅で見ると、時給で、派遣ではパートと、600円くらいの差がついてしまうということになり、1日6時間の勤務だったとしても、日給換算3600円の差がでる可能性もある、ということです。特にh県労働の場合は、仕事の内容によっては、他のお仕事とあまり変わらない収入になってしまう場合もありえます。

在宅ワークの場合、1件いくらの働き方をするか、時給で計算するかでも差が出てきます。しかし、一般の在宅ワークよりはやや、高めという印象があるようです。ただし、求人が限られていることも事実で、なかなか求人が見つからない分野のようです。

私は向いてる?向いてない?医療事務にマッチするタイプとは?

医療事務の仕事、向き、不向き

どんな仕事についても、「向き・不向き」はあるものですね。

病院の窓口や、院内でカルテから診療報酬を算出する医療事務のお仕事、どんな人が向いていて、どんなタイプは不向きなのでしょうか?医療事務のお仕事に向かない性格特性のようなものはあるのでしょうか?医療事務のお仕事を実際に経験した方々からの声をまとめてみました。

「細かいことが得意&好き」「緊張感に強い」

最も多かったのは、「細かいことが得意か?」「長い時間の緊張に堪えられるか?」といった声でした。医療は日tの命にかかわる現場ですから、事務職とはいっても、緊張感は独特です。また、窓口にいらっしゃる患者さんは、少なからず、体調を損なっておられるので、余裕がありません。そんな中、電話対応や、窓口対応をする人は、緊張感を強いられます。

細かい数字を扱い、更に、ミスが許されない、というところから、確認作業がとても大切にもなるようです。患者さんとの接遇が必要になることから、「コミュニケーション能力も重要だと思います。」という意見もありました。

実際の医療事務の現場で勤務された経緯権者の方々によると、「医療事務の仕事は、とにかく忙しいと思います。」という意見が多く聞かれました。一般企業のデスクワークと比べると、全般的に、進行スピードが速く感じられる、という意見も目立ちました。

女性ばかりの職場ということもあって、女性特有の勘の良さや、気遣いなど、いわゆる「女性らしさ」を上手く発揮できる人は、馴染みやすいのではないか?という声も聞かれます。

「おおざっぱな人」「数字に弱い人」は不向き

医療事務のお仕事は、診療報酬の計算が重要な柱となります。従って、一般の会計業務や、事務職同様の経理事務的な計算作業に加えて、個人病院などの小さなところでは、現金の受け渡し業務も入ってきます。これらは、どれも、数字が関わる正確性を要求される作業になりますから、おおざっぱなタイプ、計算が苦手、の人には、非常に負担になるようです。

また、のんびりしていてマイペースな人、せかされることが苦手なタイプも、仕事柄、難しい側面があるようです。頻繁に厳しく叱られても急ぐことができなかった、パニック状態になってしまった、ということで退職した方もいらっしゃるようです。

反面、派遣型の医療事務の職場では、作業を細分化して、同じ作業ばかりを淡々とこなす、という形での就労をさせる場所もあります。この場合は、集中力が続くかどうか?がカギとなるようです。

医療事務の職場環境、気になる職場の人間関係ってどう?

人間関係がツボ!医療事務業界の職場事情

不況にも強く、女性の職業として人気が高い医療事務のお仕事。資格を取れば、就職にも有利、と言われる医療事務のお仕事、これだけを見ると、良い事づくめのようにも感じられますが、実際を見ると、結構難しい点もいろいろとあるようです。

女性の職場ということで、寿退職やおめでた退職が多いという、女性ならではの事情もあるようですが、それ以外の理由でも転退職が多い、ということもあるのです。その原因は?ズバリ、「人間関係」です。

女性が圧倒多数の職場ならでは!人間関係で苦労する人も…

女性が圧倒多数の職場、女性同士の関係の難しさは、しばしば、職場環境の良しあしを左右します。

女性の多い職場には、しばしばありがちな、派閥抗争や、「お局様」などと言われる、大ベテランの存在は、医療事務の現場にも当てはまるようです。特に、「お局様」的な存在の、「年齢とキャリアは長いけれど、責任は低い」というややこしい立場の人に嫌われてしまい、イジメに遭って退職してしまった、という人は、ちょくちょくいるようです。

また、個人病院の場合、「院長先生は神、あがめて奉らないと大変だし、なんでも、ハイハイと聞いていないと機嫌が悪くなる。院長先生の機嫌を損ねた子は、クラークの間でもシカトされるし、ナースからも嫌がらせを受けて辞めた。」なんて怖い話も聞かれます。真偽のほどはアヤシイですが、「院長先生が面食いだから、顔で気に入られず、冷たくされた子もいる」という話も。医院の場合、通常の会社組織とは大分違った上下関係があることがうかがわれます。

また、窓口業務は、「顔」の役割もありますから、身綺麗にオシャレしていないといけないということで、メイクや髪形にも気を使わされる、といった意見もあります。

合格まで最短でどのくらい?医療事務の資格

医療事務の資格取得、最短コースについて知りたい!

医療事務の仕事に就きたいと考えた場合、あるいは、無資格でスタートして、現場での待遇を良くするために資格に挑戦したい、という場合、資格取得までにかかる時間はどのくらいなのでしょうか?

医療事務には、「三大資格」と言われる3種類の資格があります。医療事務の資格は段階性があり、3段階に難易度が違っています。最初に医療事務の資格に挑戦しようとした場合、一番下の順位になるメディカルクラークの資格から挑戦していくことになるかと思います。

メディカルクラークは医療事務の資格の中では、もっともポピュラーなものといってもいいでしょう。正式名称を「医療事務技能審査試験」といい、これに合格すると与えられる称号がメディカルクラークというわけです。この試験そのものにも段階性が敷かれていて、1級、2級の2段階の試験が実施されています。1級の受験に関しては、実務経験が1年6か月以上必要となりますが、2級の試験は毎月行われているので、もし、最初の挑戦で失敗しても、翌月再度挑戦することができるという点が、資格の取りやすさにつながっています。

メディカルクラークへの道!最短での合格は何か月?

医療事務技能審査試験2級に合格するためには、最短でどのくらいの時間が必要になるのか?これは、これから試験を受けようとする人にとって、気なるところだと思います。巷での通信教育でのPR記事を見ますと「最短で1.5か月で合格!」とか、「最短必勝コース90日合格」など、1か月半から3か月程度で合格できるかのような印象を与えるPR文を掲載して宣伝しているところが少なくありません。これだけを見ていると、本当に、2,3か月ですぐとれる資格のような印象があります。

ただ、ここで注意していただきたいのは、その方の資質や経験についてはあまり加味されていないというところです。

実際に通信教育やスクールなどを利用して、最短コースを爆走して合格された方はいるでしょうが、必ずしも、全員というわけではありません。特に、医療事務技能審査試験にむいた資質や、過去の経験をお持ちの場合は、最短で合格も不可能ではないでしょう。

医療事務技能審査試験の場合、最も必要とされる受験スキルは「暗記力」だと言われています。膨大な分量の事項を暗記する必要があるため、短期集中で丸暗記が得意な方などには、短い勉強期間で合格することが可能であると思われます。効率よく暗記することができれば、2、3か月の勉強での合格も夢ではありません。各スクールや通信教育でもこのあたりを検討して、いかに、効率よく暗記が行えるか?に的を絞って教えている感も無きにしも非ずです。ただし、要領よく短期の学習で資格は取っても、実務は別物ですから、実力が着くためには、実務経験を重ねていかなくてはならないのは、合格までの期間とは無関係に必要となるでしょう。

一方で通常の学習で、無難に合格を目指すのであれば、半年位が安定的な実力を身に着けるのには必要と考えられます。短期集中での受験は、まぐれ当たりで合格してしまう可能性もないとは言えないからです。ある程度、知識として定着するには、どんな学習でも半年以上は修練を必要とします。実力を高める目的もあるのであれば、反復学習も無駄とは言えないと考えられます。

派遣で働く医療事務、正規雇用と違う点は?

医療事務は派遣社員が多いってホント?

女性に人気が高く、主婦層の資格取得希望でも必ずトップスリーに上ってくるのが医療事務です。女性の職場としてはポピュラーな印象であり、特に子育て世代の方が、一旦職を退いた後、再就職先として検討されることが増えていると言います。

そんな医療事務の現場、「派遣社員が多い」といった情報もあるのですが…これは本当なんでしょううか?

通信教育や大手スクールからのあっせんは…?

この噂、出所の一つは、大手の資格スクールや通信教育スクールの制度のために出てきているようです。

医療事務で働くのは、無資格で補助者としての勤務と、資格を取って働く方法の2通りのルートがあると言われます。もちろん、未経験無資格よりは、資格があった方が有利ですし、資格を持っているということで、ご自身にも自信がつくという効果もあるのか、主婦層の再就職コースは、圧倒的に資格を取ってからのパターンが多くなっています。

特に、大手資格スクールや大手通信教育スクールの場合、「合格後は、就職先をあっせんします」といううたい文句で生徒募集をかけているところが多いのです。

スクールを利用して資格に合格した場合、派遣登録が行えるようになっていて、登録すると、比較的短期間で派遣先を決めてもらえるというサービスが提供されています。ですから、少しでも早く働き始めたい!という希望を持っている方々には人気があるようです。

正規雇用と派遣の場合は、待遇面に違いはある?

派遣で働く場合と、正規雇用では待遇面での差はあるのでしょうか?

ある、なし、でいえば、端的に申し上げて「ある」ということになるかと思います。正規雇用でなく、パートタイム勤務と派遣でも、同じことが言えます。

派遣就労というのは、基本的に1か所に長期間必ず派遣してもらえることを約束された仕事ではありません。一定の契約期間の間だけ、その職場に「派遣されて働く」という就労形態ですから、まず、原則として、10数年間ずーっと一か所で働くということは難しいものです。派遣先で人が余れば断られるでしょうし、当初から、短期間の穴埋め的雇用を目的に派遣受け入れをする場合だってあります。

次に社会保障についても、社会保険の契約者は病院ではありません。このあたりは、パート勤務でも、時間が短いと社会保険に入れない場合が出てきてしまいますが、入れる場合は、病院の加入している社会保険になります。一方、派遣社員の場合は、雇主は、派遣元でうから、社会保障面に差が生じる可能性はあります。

同じように、時給、手当などの待遇も、派遣元と、病院側で規定が違うことになり、待遇が違う場合も起こり得ます。

医療関係の就職をしたい~人気の高い仕事ってなに?

最近人気の、医療関連のお仕事

不況の影響なのか、近年医療関連のお仕事が「就職先」として人気を集めているようです。介護や看護などの職種は、転職も増えてきて、みなさん少しでも有利な条件で働きたいと思われていることの表れのようにも見えますね。介護業界などは、今後も伸びが期待できる職種ですから、特に高齢化の進んでいる地方都市などでは、資格取得や就職先として人気が高いようです。介護福祉、リハビリテーションについては力仕事も必要になることから、男性の職員さんの求人も増えてきているようです。

「でも、介護とか、看護とかは、新卒で資格を取るんじゃなければ、転職で考えるには難しいしょくしゅでしょ?」というご意見もありますね。

確かに、30代になってから看護師の資格に挑戦して新人ナースとして働くのは辛いものがあるでしょう。看護の現場では、看護師の体力も問題になります。夜勤ナシの職場でなければ働けないなどの条件が付くと、更に応募できる求人が狭くなったりもしてしまいますね。昨今は、看護師の大きな病院での勤務に関する法律が改正されたこともあり、現在、働いている看護師さんも3年以上は勤務経験を積まないと、大きな病院での再就職が難しくなる、とあって、転職にブレーキがかかるのではないか?という見込みも出ているようです。

そんな中、じわじわと人気が高まっているのが、事務系の医療関連の職場です。

医療秘書や医療事務、といった資格が人気なのは、こうした状況を反映しているとおもわれます。
医療関連の就職、と考えたとき、必ずしも、医師や看護、介護などの専門家である必要はありません。医療事務などの、縁の下の力持ち的な職種だってあるのです。

医療事務は、女性に人気の高い医療関連の仕事

病院の受付、をイメージしてみてください。男性と女性、どっちが多い印象がありますか?

恐らく、圧倒的に女性がメインで、男性の職員さんはぽつぽつと点在する感じだったんではないでしょうか?大きな病院の窓口でも、町の診療所のような小さな病院、歯医者さんでも、恐らく、大部分が女性の職場のような感じだったと思います。

御察しの通り、医療事務は圧倒的に女性が多い職場です。実際に働いている方の男女比は性格に統計化した資料が見当たりませんが、2級の診療報酬技能認定試験の受験者で見ると、医科、歯科の両方ともに女性の受験者が91%と、ほとんどが女性という資料があります。このように、女性が大部分になる背景には、レセプト計算などの業務や接遇など、女性に適した仕事内容が集中している現場だから、という見方もできるでしょう。

医療現場の仕事、というと、治療のイメージが先行してしまいます。しかし、実際の医療現場は、このような事務仕事を中心的にこなす、医療事務の下支えがあってこそ、機能しているともいえるのです。