医療事務の三大資格取得者の年収について

医療事務資格者の平均年収はどんな感じ?

医療事務従事者の平均年収ってどのくらい?

医療事務というと、医療機関での勤務というイメージから、高額所得者という印象があるようです。しかし、実際は派遣労働での就労が多いこともあって、そんなに高い重量をもらっている人はいないというのが実情のようです。各種の求人サイトなどで、年収を調べてみますと、平均年収は、300万未満となり、極端に高くはありません。

年齢別にみると、20代の男女で医療事務で働いている方は、平均年収200万強となっており、あまり高くはないことがわかります。

資格があると年収アップ!

医療事務の場合、就職に医療事務関連の資格は必ずしも必要とは限りません。経験者が優遇され、資格もあったほうが就職しやすいことも確かですが、一方で未経験者を採用することもないではないのです。

では、仕事や収入の上で、資格がどう影響するのか?といいますと、「諸手当」については、間違いなく、資格を持っている人の方が、無資格の人よりも厚遇されます。資格を持って働いていることで「資格手当」などの支給がされる条件のところでは、上位資格を取るほど給料が上がるということになるからです。個人病院の場合は、必ずしもそのような待遇とはいいきれません。しかし、総合病院などでは、そうした給料体系をとっているところが多いようです。個人病院の場合でも、資格を持っていることで、基本給を上げるなどの対応をしているところもあります。

派遣で働く場合の平均年収は?

平成の大不況に影響されて、医療事務の仕事も派遣労働者として働く方の割合はかなり上昇している傾向です。実際の派遣労働で医療事務を行っている方の年収はどうなっているのでしょうか?

正規雇用の場合と比べると、派遣労働の場合の年収はどうしても低くなります。派遣で医療事務を行う人の割合は、メディカルクラークなどの、医療事務の資格の中でも初級といえる資格で働く方が多くの割合を占めていることや、通信教育の医療事務講座を修了して資格を取った方が、派遣労働書跡して登録するケースが多いことも報酬額を引き下げる原因になっていると思われます。月収にすると19万円程度、賞与なしという条件のところも多く、フルタイム勤務ではない場合、更に年収は下がって、200万強というところが多いです。