医療事務の仕事内容

医療事務の、現場での仕事内容を教えて1

医療事務の仕事内容は受付がメイン

医療事務の仕事内容で、もっとも代表的なものは「窓口での受付」です。これは、外来の場合と、院内クラークと呼ばれる、入院病棟のナースステーションでの事務の場合で、多少の違いがあります。

外来の場合、患者の健康保険証、診察券の確認や、カルテの発行をして、診察の準備が整ったら、患者さんを呼び出したり、診察室の案内もします。

診察が終わったあと、会計や処方箋を渡すのも仕事です。会計のための計算は、現在はほとんどIT化されてパソコンで入力するだけで可能になっています。

入院患者さんに対しての医療事務を行うのが、病棟クラークで、入院患者さんのカルテの準備や、レントゲン、MRI、PETなどの画像データーを整えるのも仕事の一つです。

入院にかかる費用や、入院中の院内での諸注意、案内なども仕事の一つです。限度額申請などを行っている患者さんに対応したり、見舞い客の記録等事務手続きの仕事を行うときもあります。

診療報酬に関する業務

医療事務の仕事の、2本柱は、接遇とレセプト作成と言っても過言ではないでしょう。レセプト作成(診療報酬明細書作成業務)は、他の一般事務と医療事務を分ける、専門的な業務といってもよい業務です。

国民皆保険が導入されている日本では、保険制度によって、患者は医療費の一部を負担すれば診療を受けることができます。保険で賄われる分の金額を、保険組合に請求するため、診療報酬点数を計算して、月ごとの診療報酬明細書を作成すること、これが、「レセエプト作成」と言われている作業です。レセプトを作成してから、請求作業までを行うことが多いです。

院外処方箋薬局での医療事務の場合は、薬の点数を計算して、請求を行います。

その他の業務

医療事務に付随した業務として、

・診療の支援
・医師、薬剤師の秘書業務
・オペレーター業務
・在庫管理、図書整理他

などの業務が必要になる場合もあります。