ホームヘルパーと医療事務の比較

ホームヘルパーと医療事務ではどっちが資格を取りやすい?

女性に人気のホームヘルパー2級と医療事務

再就職の為に、何か資格を取りたい、という女性に人気なのがホームヘルパー2級と医療事務です。

医療事務も、ホームヘルパー2級も、通信教育でも人気の講座であり、どちらも「慢性的な人手不足」といわれている医療関係、介護関係の職場として、求人がまだまだ見込めるということで人気が高い様子が伺えます。医療事務は、求職者支援事業としてハローワークでの講座が開催されているところもあり、ホームヘルパー2級は、未経験で就職して、働きながら取得できるように会社が支援してくれる制度を設けているところもあるようです。こうした実情が、根強い人気を保っている背景であると考えられます。

しかし、医療事務とホームヘルパーとではその、勤務形態や業務内容にはかなりの違いがあります。今回は人気の二つの業務について、その内容と、資格の取りやすさを比べてみましょう。

ホームヘルパーの業務は、主に「家事支援」

在宅介護の支援者として、引く手あまたなホームヘルパーは、要介護者のいるご自宅に伺って、行う在宅支援が最も中心的な業務となります。病院への送迎や、家庭での食事作り、掃除洗濯など、通常の家庭の主婦がこなす仕事を代わりに行うことや、身体介助といわれる、寝たきりになっている高齢者の体の清潔を保つため、おしぼりで体を拭いてあげたり、洗髪や、歯磨きなどを助けて行ったりします。実際に行うべき業務内容は、ケアマネージャーがが作るケアプランに従っておこなわれます。

共働きのご家庭が増えて、介護の担い手が減少している日本の社会の中で、ホームヘルパーの役割は甚大であり、特に、核家族化が進んでいない地方都市の農村では、独居老人の介助も重要な仕事の一つになっています。

資格取得のためには、試験はありません。講習による身体介助、人体に関する知識、医療、法律などの講義と、実習(養成研修と呼ばれ、講習中の調理、介助の実習と、実際の介護現場での実習の両方)が必要となります。資格取得に学歴等の制限はありませんが、通信教育のコースだけでは2級の資格は取れず、現場での実習が必須条件となります。ハローワークでも、職業訓練や求職者支援として講座が行われていることも多いです。

通信教育などで資格取得に挑戦する場合は、4~10万程度の受講料がかかります、ハローワークを経由した場合は、実質無料や、テキスト代のみ自己負担で資格が取れることもあります。近々法改正によって、2級の資格がより高度な新資格に変わるという話もあり、駆け込み需要が増えています。

通信教育だけでも資格が取れる、医療事務

医療事務は診療報酬明細書の作成が行える知識と、正確な作成実務、計算力が求められる仕事です。資格試験に合格すると、称号が与えられ資格所有者として就職することができます。最も取得しやすいメディカルクラークは毎月試験が行われていて、女性に人気が高い資格です。

資格試験では、実際の医療現場での業務を想定して、学術試験1科目と、実技試験2科目が行われます。実技試験は、診療報酬明細の作成を行うものと、患者に対する接遇の2種類が行われています。実習等の義務はないので、通信教育だけで学んで試験に挑戦することはできますが、合格しないと資格後取れません。しかしながら、前述のように試験自体は毎月行われていますから、すぐに再試験の機会があるという面では、年に1~2回程度しか試験機会がないものよりは条件は良いです。

もっとも取りやすいメディカルクラークは、ハローワークで求職者支援などの募集がある場合もあり、通信教育の場合、費用は3万から7万くらい、平均すると、5万弱くらいの金額になります。スクールなどに通って、受講する場合は10万以上になるところもあるようです。

両者とも就労に対する利点はあります。地域事情やライフスタイルに合わせて選ぶのが良いでしょう。