未経験からの医療事務資格取得

未経験からのスタートで、医療関係の資格って無理?

医療事務の資格は、未経験者には難しい?

病院や、医院の窓口でカルテを元に診療報酬の計算を行い、請求書を作成して、患者さんと診療報酬の受け渡しなどを行う、医療事務のお仕事。病院、医院の窓口に言ってみると、圧倒的に女性の勤務が多い事でも分かるように、女性に人気の高い職業です。

しかしながら目にすることは多くても、実際に職業として就職するには、医療関係の職場だし、特殊なスキルとかが必要で、なんとなく難しいんじゃないか?というイメージが先行しているようです。

しかし、医療事務の職場を見ますと、必ずしも資格を持っている人ばかりではありません。補助者として、無資格で業務に携わっている人もいますし、資格がないからといってあきらめてしまうのはまだまだ、早すぎます。未経験者でもできる医療事務のお仕事はあるんですから。

「医療事務」で募集していても、「やってほしい仕事」はさまざま

実際に医療事務未経験で求人募集に応じて就職されている方に伺ってみると、皆様一様に、「医療事務(または医療現場)で求人をかけているから、といって、レセプト計算ができる人だけが欲しいというわけじゃないから。」囲おっしゃいます。

つまり、「医療現場の医療事務は、診療報酬の計算だけが仕事ではない」ということです。特に大きな病院だと、事務系の仕事は分業になります。中には、会社でいうところの「庶務」に当たるお仕事ばかりをやってほしかったり、電話対応や、入力作業などの、一つの部門だけをずっと行う形をとっているところもあります。

求人広告も、よくよく見てみると「未経験者可」となっているところも少なくありません。病院でも、給料計算や会計、伝票処理、接遇などの雑務的な事務は当然に生じます。一般事務の経験が生かされる場合だってあるわけです。

レセプト計算がやりたいなら、経験は有利

レセプト計算がやりたくて医療事務に応募するのであれば、資格や経験は重要です。その場合は、経験の方が有利に働くようです。実際、医科、歯科で医療事務を取っているけれど、メディカルクラークの認定を受けていないで、実務経験だけで仕事をされている方もいらっしゃいます。一方で、資格を持っていることの強みは、「実務経験の浅さを補えること」だといえます。資格があるということで、実際に仕事をこなしたことが無くても、一定の技量は保証されるということになるからです。

もし、未経験で、レセプト計算などの診療報酬を直接扱う部門を狙いたいのであれば、最低限でも、2級のメディカルクラークを取得している方が、求人には有利ということは言えるでしょう。