医療事務と医療秘書の相違点

似ているようで、ちょっと違う「医療事務」と「医療秘書」の違いって?

医療事務と医療秘書は違う仕事?

医療現場での事務作業を考えるとき、医療事務としばしば混同されたり、比較されるのが「医療秘書」です。

「医療事務をする人のことを「医療秘書」って呼ぶんじゃないの?」と、思われている方もいらっしゃるようです。しかし、医療事務と医療秘書はお仕事としてみた場合、違う仕事になります。ただし、どちらも医療現場で事務職として働くことには違いはなく、実際の業務内容には、かなり、似通っていたり、重なっているところもあるために、混同される誤解が起こるもののようです。医療事務と医療秘書は、それぞれ異なる資格制度を持つ別々の業務です。

勤務先でみると、「医療秘書」は個人の診療所など、小さな病院には、通常いません。実質的に事務長さんなどが、その仕事を兼務されていることが圧倒多数のようです。

反対に、大学病院や、大きな総合病院などよっては、診療科ごとに配属があったりしています。これで分かるように、医療秘書は、大きな病院での医療が円滑に進むように、サポートを行う仕事、といえそうですね。

反対に、医療事務に関しては、病院である以上は、いないというところはありません。診療報酬の計算が必要になる以上は、どんな病院でも医療事務を担当する方がいらっしゃいます。ただ、医療事務の仕事の場合は、診療報酬の計算、診療費の請求など、お金の請求と受け渡しに特化したお仕事ですから、治療者である医師や看護師との直接的なやりとりの場面は少ないことと思われます。反対に、患者さんご本人とは、お金の受け渡しまで行いますから、まさに、病院の窓口であり、「顔」の一部を担っているのです。

これに対して、医療秘書には、お医者さんとのコミュニケーションが問われます。

医療秘書の仕事は、お医者さんの秘書」「

では、医療秘書とは、どんな仕事をする人なのか?といいますと、簡単にまとめると「お医者さんの秘書」です。

一般の秘書が必要とされる業務のほかに、ニーズによっては、医療関連の法律の知識や、外国語文献を読みこなし、翻訳がこなせる程度の語学力が求められることもあります。お仕事の内容としては、電話の応対、スケジュール管理、書籍、文献、書類の整理、来客の応対、手紙などの管理などが主で、医師がこまごまとした雑務に忙殺されて、肝心の医療が行えない状態にならないように、サポートするのが仕事の一つです。嚢六によっては、助手のような仕事を頼まれる場合もあるようです。

小さな病院の場合、これらの仕事に加えて、診療報酬の計算、請求業務も兼任することになります。

医療秘書の仕事は、もともと、あまり求人が多い分野ではありません。また、採用も相当に狭き門であり、高いスキルが求められます。一度採用された人も、滅多なことでは退職されませんから、非常に珍しい職場と言えそうです。