医療事務の資格は再就職に有利か?

医療事務の資格は、本当に再就職に有利?

医療事務の資格取得者の実情は?

医療事務は、特に女性に人気が高い職業だと言われています。実際、病院などの受付業務を行っている人を見れば、圧倒的に女性が多く、ナースステーションで院内の医療事務を行う院内クラークも女性の割合が多いことが見て取れます。診療科によって、男性が多いかもあるのでしょうが、全体的に見ると女性の割合が多い業種ということができると思います。

医療事務の職場は、女性の割合が多いことから職場環境も女性に優しい配慮が行き届いている傾向があります。そのため、人気が高く、また、最も初心者向けの、メディカルクラークの資格は通信教育などを利用して比較的取りやすいという条件が重なって、挑戦する人が増加しています。試験が毎月行われることや、通信教育でも十分受験勉強ができるということもあって、子供の手が少し離れたから、そろそろ仕事に就きたいと考える女性が、再就職に有利になるようにと挑戦するケースが多いという状況になっています。

医療事務の資格は再就職の足がかりになり得るか?

メディカルクラークの資格試験は毎月行われているため、受験者数は、医療事務の資格試験の中でも最も多いと言えます。当然合格者数も多くなりますから、「資格取得者が多いのだから、再就職に有利とは言えないんじゃないか?」という意見もあるようです。

通信教育で初めて医療事務の資格に挑戦する場合、講座を終了して後、試験に合格すると、派遣契約で医療事務の仕事先を紹介してくれるなどの特典をつけているところもあります。こうした制度を上手に利用すれば、資格を取った上、仕事も見つかることになりますから、「とにかく就職したい」というニーズにはうってつけと言えるでしょう。

医療事務の職場の場合、都市部には新しい病院ができて募集が増えている傾向がありますが、地方都市では横ばいから、微増という状況で、また、一度就職すると退職する人が少ないことから、募集が急増というわけには行かないようです。しかしながら、医療事務の職場は、病院だけではなく、薬局等で短期の募集を行うケースもありますから、こまめに探してみると勤務先はみつかることが多いと言われています。募集はなくても、ここぞ、と思う病院に直接尋ねて歩いて、仕事にありつけたという方もいらっしゃるようです。資格を持っていることで、実務経験がなくても、事務能力があると判断してもらえるため、資格があることで再就職にはより、採用されやすくなり、給与面でも無資格未経験よりは条件がよくなるということは言えるでしょう。