資格の要らない、リハビリ助手について

資格不要の医療関連の仕事ってどういうものですか?

医療関連の仕事でも、資格が要らない?

新聞や求人誌などを見ていると、時々、「医療事務、リハビリ助手、資格不問」「未資格可、○○医院」といった求人広告が載っているのを目にすることがあります。医院や病院、歯科などのお仕事ですから、当然に、何かしら医療関連の資格がなければできないんじゃないか?と思いがちですが、実は、医療関連のお仕事のすべてが「要・資格」というわけではないのです。

医療機関のお仕事というと、医師や看護師など、直接治療行為を行う側にばかり実が向けられがちです。しかし、実際の医療現場では、治療行為を陰で支えたり、治療の間接的な助手を務めたりする人が必要とされています。こうした仕事は、資格が不要なものもあるのです。

資格制度はあっても、資格が「必須ではない」医療事務

例えば、診療報酬を計算したり、窓口対応をしたり、電話対応をする仕事である、医療事務は、資格制度が整備されていますが、これは、「無資格では仕事をしてはいけない」といった罰則付きの制限制度ではありません。資格は働く方の技量を証明するための役割を果たしているものの、直接的に就職や就労の制限を設けてはいないのです。

ですから、実務経験ゼロから医療事務のお仕事をすることは、名目上不可能ではない、ということになります。ただし、実際に即戦力として働くためには、相応の知識や能力も必要になりますから、無資格で医療事務のお仕事をするのは、現実的にはこんなんでしょう。

仕事は存在しても、資格がない、リハビリ助手

医療現場の実務上必要性が挙げられていても、資格制度がなく、便宜上、名前が着いているお仕事もあります。代表的なのが「リハビリ助手」です。どんなお仕事かを簡単に説明しますと、医師の指示に沿って、介護福祉士、理学療法士など、リハビリテーションを担当する人が、リハビリを行うときに、傍らに付き添って、患者さんの体を支える役をしたり、手先の簡単な作業の場合は、必要な器具をそろえたり、作業の様子を見守り、時々、簡単な介助をしたりといった仕事を行います。看護師や介護福祉士などの資格を持っている人もいますが、「リハビリ助手」という名称の資格はありません。

実際のリハビリの現場では、このようなリハビリテーション治療の補助をする助手役の人が必要とされているのですが、この仕事に専任するための資格制度はないために、無資格の医療関係のお仕事、として、募集が行われることが多いようです。