資格取得にかかる勉強方法

医療事務の資格取得、あなたの勉強方法は?

医療事務の資格が取りたい!そんなとき…?

女性、特に主婦層に人気の高い資格である、「医療事務」、特に、最も受験者の多い、医療事務技能検定試験になると、毎月の資格試験で、合計5万人もの人が受験し、65%程度が新たに資格取得に成功しているというデータがあります。資格スクールなどの学校単位での受験のほか、一般の方もたくさん試験を受けていることが良く表れている数字ですね。

医療事務資格の入り口である、メディカルクラーク2級は、医療事務での就職を目指す人には、必ず1度は調べるであろう資格です。女性の場合、特に、結婚、妊娠、出産などによって、一旦職を離れて再就職を目指すためにまず、資格を取りたい、といった考えで挑戦される方も多いようです。そんな中、悩みとして聞かれるのが「どうやって勉強するか?」ではないでしょうか?ここでは、そんな、医療事務の資格取得の勉強方法についてまとめてみました。

主婦層、産後の再就職パターンに人気は、通信教育

主婦のパートや、産後の再就職に有利になるように、という目的の方々に人気が高いのが、通信教育による勉強です。これは、まず、価格がリーズナブルであることや、時間が自由になるという利点が人気を呼んでいるようです。特に、小さなお子さんがいて、「産休中に勉強して資格を取ってしまいたい」といったニーズには、特にぴったりだと思われるからでしょう。

主婦の場合でも、色々な事情からスクールなどには通いにくかったり、お金がかかりすぎるなどの点で敬遠されて通信教育を鵜選ばれる方も多い傾向があります。

通信教育の場合、ネックになるのは、疑問点が出てきた時、質問のやり取りにタイムラグが出ること、自己管理がしっかりしていないと、なかなか学習効果が上がらないこと、の2点が大きいでしょう。

最近は、ネットでの動画による講義ビデオの視聴や、メールによる質疑応答、スカイプなどを利用した個別指導も発達して、通信教育といってもずいぶんとリアルタイムの対応ができるようになってきています。

確実性を重視するならスクールがオススメ

通学、受講の時間が確保できて、お金がかかることをいとわない、確実に合格できる実力が欲しい、という考え方なら、やはり、スクールに通って、講義を受ける方が良いといえます。昨今では、このような資格スクールを利用すると、派遣登録がセットになっていて、合格とほとんど同時に職場をあっせんしてくれるようなサービスもあるのでそれを目当てに受講される方が増えています。

問題点は、やはり、受講に時間を取られることと、金額が高くなることがネックになります。
しかしながら、地がくどく週に近い状態の通信教育と比べると、勉強の成果が目に見えやすいという点や、疑問点の解消がほとんどリアルタイムで行えることが合格率を上げるのには直接的な利点ということができそうです。

一般の、民間で運営される資格スクールの他に、数は少なくなりますが、各都道府県のハローワークが求職者職業訓練の一環として、医療事務認定試験や、医療秘書の口座を開設している場合があります。募集要項が厳しいため、誰でも受けられるわけではないという条件はあるものの、自己負担金1万5千円前後で受講料そのものは無料で受けることができます。講義そのものは民間の資格スクールが、委託を受けて行うので、授業内容に大きな違いはありません。条件が合えば、受講期間中に手当が支給される場合もあります。誰でも利用できるとは限らないという点がネックですが、利用できるので張れば一番お得な方法ですから、調べてみても損はないでしょう。